まずはペイントから!ソフトがなくてもWindowsパソコンに付属している「ペイント」だけでいろいろな画像加工や編集ができます。

ペイントを使ってみよう

ペイントを使ってみよう

それでは、さっそく「ペイント」を使ってみましょう。
まず、その「ペイント」というソフトがどこにあるかを確認します。
「ペイント」は、Windowsパソコンなら、どのOSでも
「すべてのプログラム」の中の、「アクセサリ」フォルダの中にあります。

パソコン画面左下の「スタート」ボタンをクリック
「スタート」画面が立ち上がったら、「すべてのプログラム」をクリック


ペイントスタート画面1

次に、表示されたプログラム一覧の中から、「アクセサリ」フォルダを見つけてください。
「アクセサリ」をクリックすると、一覧の中に、「ペイント」があります。


ペイントスタート画面2


この「ペイント」をクリックすると、下の画面が開きます。


ペイント画面

これが、「ペイント」です。

画用紙のような白い画面が「キャンバス(描画領域)」で、
ここに、線や文字を描いたり、画像を呼び出したりします。

このペイントの画面は、次のようなしくみになっています。

ペイント画面の構成


描画領域の上部には、
横長に「メニューバー」があり、「ファイル」「編集」「表示」「変形」「」「ヘルプ」の項目があります。

そのすぐ下に、やはり横長に、「カラーボックス」があります。

大きな画面(描画領域)の左側には、
縦長に「ツールボックス」があり、そのすぐ下に「オプションボックス」があります。

このように、大きく四つの機能に分かれています。
これらの機能を使って、画像の加工・処理・編集を行います。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional